山梨トロンボーン倶楽部 公式BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS 若狭和良さん山梨出張レッスン

<<   作成日時 : 2011/08/25 23:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011年8月24・25日の2日間にわたり
若狭和良さんに山梨に出張していただき、
レッスンを行っていただきました。

若狭さんは、現在、
広島県にあるエリザベト音楽大学の准教授として、
ご指導されています。
XO・トロンボーン・カルテットのメンバーとしてもご活躍中です。
また、3月のジル・ミリエールさんのイベントの際にも、
大変お世話になりました。

8月24日は、
甲斐市立敷島中学校の金管セクションの指導をお願いしました。

最初にトロンボーンパートだけのレッスンです。

画像
トロンボーンパートのレッスン



レッスンが進むにつれて、
それまでの力んだ硬い音色が、みるみる変化し、
明るく艶やかな響きになっていきます。

毎日の練習の中で、自然に力が入りすぎていたり、
過剰に大きい音を出そうとしたりして、
不自然なアプローチで楽器に向かっていたことを、
すぐに見抜き、正しい方向に導いていただきました。

その後、金管セクションのレッスンに移りました。

画像
金管セクションのレッスン



生徒たちが本来持っているテンポ感や音程感を、
機械に頼ることなく、自然な形で引き出し、
安定した進行で、かつ表現豊かな演奏に変化しました。
若狭さんが、生徒に伝える言葉も、
とてもわかりやすく、イメージのわきやすいもので、
引き込まれていくのがわかります。

ときどき若狭さん自ら演奏してくれましたが、
その音色の素晴らしいこと!!

とても有意義な時間でした。

夜からは、当倶楽部のグループレッスンをお願いしました。
その中でも、特に練習の入り方について丁寧な指導をいただきました。
楽器の吹き始めは、過剰な息の量を使わず、
徐々に体を使った内容に展開していくことで、
驚くほど音色や響きに反映することが分かります。
練習量の確保が難しいアマチュアは、
楽器を出して、すぐさま無理に音を出す傾向がありますが、
それが悪影響となることを認識しました。
普段からの練習に積極的に取り入れたいと思います。

翌、25日は、敷島中学校の全体合奏の指導をお願いしました。

画像
合奏レッスン



曲は西関東吹奏楽コンクールで演奏する、
課題曲(南風のマーチ)、自由曲(ラフマニノフ 交響曲第2番)の2曲です。

冒頭で、一度通して演奏聴いていただきましたが、
それだけで、バンドのウィークポイントや問題点を、
次々と指摘し、中学生にも理解しやすい表現で、
短時間で的確に改善されていきます。
音色は、レッスン前と大きく変わり、
クリアな響きで、終始演奏できるようになりました。
表現面も、角が取れ、とても自然で聴きやすい表情になり、
特にラフマニノフ3楽章は、心を打つ内容になりました。

夜からは、お楽しみの当倶楽部との懇親会を開催しました。
若狭さんの、人間性や人柄に触れ、倶楽部員一同とても感銘を受けました。
和やかで楽しい懇親会でした。

最後に、
広島から遠路はるばる、山梨にお出掛けいただき、
貴重な機会をくださった若狭さんに、
心からお礼を言いたいと思います。
ありがとうございました。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
若狭和良さん山梨出張レッスン 山梨トロンボーン倶楽部 公式BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる